結婚式のムービー作成への道のり part1 序章 自主制作のススメ

暮らし

動画作成の経験はありますか?簡易的なものはあれど、他人に公開したことがある方はほとんどいないのではないでしょうか?

 

私もありません。しかし、ついにその時がきました。

 

そう、結婚式です。

 

結婚式で、動画を自分たちで作ってみようという方は非常に多く見受けられます。そして、同じように苦戦しています。

 

動画作成の必要性

結婚式はお金がかかります。相場では300万円前後、実質負担額は100万円以上にのぼります。どんなに節約しようと思っていても、一生に一度であろう衣装や写真を節約する方は少ないでしょう。

 

最初は低く見積もっていても、どうせなら、という気持ちが芽生えて、どんどん予算をオーバーしていきます。気付けば相場くらいの費用になっていることがほとんどです。

 

それでは、いかにコストを削減するか。かける部分にかける分、抑える部分は抑えるべきです。選択と集中ですね。節約の筆頭となるのが、ムービー作成です!

 

自分たちで動画を作成するべき理由

高い

結婚式のムービーは、一般的に3種類あります。オープニングムービー、プロフィールムービー、エンディングムービーです。そして、1つにつき5万円程度です。参列者を退屈させない、楽しませるためには、3種類とも欠かせません。

 

オープニングムービー:新郎新婦の入場を盛り上げる役割
プロフィールムービー:お色直しの間を埋める役割
エンディングムービー:退場時のお見送り準備の間を埋める役割

 

すべて作成を依頼すると15万円です。1つでも自分たちで作ることができれば、コスト削減効果は絶大です。

 

好きな写真を好きなだけ入れられる

動画作成を依頼すると、基本的にはフォーマットに従って動画作成が進みます。自ずと使用できる写真の枚数は限られてきます。プロフィールムービーならば、新郎10枚、新婦10枚、新郎新婦の思い出10枚、といった感じです。

 

写真を追加すると、オプション料金として、1枚数千円という風に費用が発生します。あれもこれも大切な思い出だ!という方であれば、好きなだけ写真を入れられた方が嬉しいですよね。

 

動画を挿し込むことができる

幼少期のホームビデオが残っている方もいらっしゃるでしょう。ホームビデオは、ご自身だけでなくご両親やご親族にとって、当時を鮮明に思い起こさせる素敵な思い出です。もし、これらを自由自在に動画に組み込むことができれば、式が盛り上がること間違いなしです。

 

まとめ

コスト、写真枚数、動画の挿し込み、といったメリットを理由に、私は結婚式のムービーを自主制作することに決定しました。次回以降、ムービー作成に必要なソフトやコツを実体験を基にまとめていきます。

 

よろしくお願いします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました