香料メーカーはホワイトでオススメ

業界分析

香料業界は世間一般には存在を知られていない隠れた業界です。香料会社の名前をひとつでも言える方が一体どれだけいるでしょうか?

日本における香料の売上では、食品用途であるフレーバーの割合が非常に大きいです。

フレーバーを扱うのは食品企業のため、一般消費者とは距離が遠いです。言わばBtoBに特化しています。

そんな香料業界ですが、働くにはオススメの業界でもあります。

特徴

香料とは有機化合物の集まりであるため、有機化合物を取扱うことがほとんどです。つまり、カテゴリーとしては化学メーカーです。しかし、食品メーカーとの関わりが大きく、食品メーカー的な要素を兼ね備えています。

いわゆるホワイト企業の多い業界です。その根拠を長所と短所から見ていきましょう。

香料メーカーの良いところ

一言で言うとホワイトで、ワークライフバランスが優れている

香りに囲まれている

一番の魅力は香りに囲まれて仕事をすることでしょう。レモンの爽やかな香り、ラベンダーの心落ち着く香りなど、さまざまな香りと向き合いながら仕事をします。こんなものまで香料になっているのか!と驚くこともたくさんあると思います。

関わる商品の種類が多い

食品香料であれば、あらゆる食品企業と取引があります。飲料メーカーから冷凍食品メーカーまで、あらゆる食品メーカーが商売相手です。食品メーカーであれば、ほとんどの企業では取扱い商品が限られています。コーヒーだけを売る会社、お菓子だけを売る会社などなど。
香料メーカーであれば、あらゆる商品に関わるので、さまざまな商品に興味関心がある人にはうってつけです。

安定業界

売上が食料品や日用品に依存するので、需要に大きなブレはありません。したがって毎年一定の売上を上げることができる安定業界です。香料業界の流通量は安定しています。高砂香料や長谷川香料の売上も安定しており、むしろ上がっているくらいです。

もちろん、懸念事項もあります。
香料は添加物です。食料品・日用品も健康志向や天然志向の煽りを受けて、無香料を謳う商品も増えてきました。しかし、基本的に香料は商品に不可欠です。安く美味しく売るには香料に頼らざるを得ません。
天然志向が高まっていることは香料業界も重々承知しています。そのため、天然物から抽出した天然香料の研究開発も盛んです。バニラアイスに使われるバニラの香りもバニラ香料ですが、天然香料に該当します。天然物は、天気や世界情勢などによって収穫量や流通量が変わりやすいので、コストの維持が課題です。

合成・天然問わず、加工品に必須な香料自体はなくなることはないでしょう。安定業界と言われて久しいですが、これからも業界としては安定であり続けると思います。

休みを取りやすい

休みは取りやすい環境です。企業や部署に依るところが大きいですが、業界の雰囲気的には残業は少なく、休みも取りやすいです。

ワークライフバランスを維持するために重要なのが、ワークの時間です。無謀な労働時間を強いられたり、サービス残業が蔓延したりしているようでは、業界が安定でも個人としては幸福度が下がってしまいます。

ワークの時間自体もほとんど問題になりません。残業が多くなることがあっても、36協定はしっかり守られ、サービス残業もありません。

給料がそこそこ良い

給料が良いとは言い切れませんが、悪くはないです。売上が大きく上げ下げしない業界なので、会社は安心して、社員に給料として還元できています。ボーナスが年6ヶ月というのも就活・転職サイトでよく見かけます。

女性が活躍している

調香師や研究員には女性も数多く在籍しています。香料業界は芸術的な要素を持っているからでしょうか?香りの繊細な部分を表現することは、女性の得意分野なのかもしれません。女性の社会進出が進んでいますが、それ以前から女性の活躍が目立つ業界です。

香料メーカーの悪いところ

一言でいうと成熟業界、ぬくぬくしてる

日本市場は飽和気味

日本市場自体は成熟してしまっているように感じます。毎年のように売上が上がっていくことはありません。食品香料の需要が大きいので、香料の売上は食品の売上に依存しています。食品の売上が毎年上がっていくことは考えにくいですよね。高齢化社会の日本は人口が減っていくので、そういう意味では売上自体は縮小傾向になり得ます。

年功序列

古い業界であり、個人の頑張りが売上に反映されにくいことから、年功序列の色合いが強いです。どんな人でも一定基準を越えていれば、生活は保証されるとも言えます。そこそこの給料で程良く楽しく過ごすには丁度良い業界です。

IT分野など、変化の大きい業界から年功序列の崩壊が起こっています。それは人件費を、労働や技術への対価を払わなければ、人材を確保できないからです。日本の優秀な技術者が中国企業に引き抜かれている話はよく聞きますよね。

香料業界にもいずれこの波がやってくるでしょう。しかし、まだまだ先の話だと思います。なぜなら人材の奪い合いが発生しにくいからです。

社内に優秀な調香師がいたとしても、他の香料メーカーに存在を知られることはほぼありません。カリスマ調香師は、企業の守秘義務のもと、情報が流れてくることは少ないです。

ハングリー精神が少ない

上記のように、成熟業界で年功序列ということは、頑張りが反映されにくい業界です。香りへの興味関心を存分に発揮するモチベーションの高い人材も数多くいます。学会発表やセミナーに参加すれば、香料業界の研究の奥深さを垣間見ることができると思います。
しかし、業界全体で見た場合、ハングリー精神がある人材の割合は少ないです。香りの研究は面白い題材が多いのですが、直接的な香料開発や売上に繋げるのは簡単ではありません。

自社製品の話をできない

食品メーカーのようなBtoCであれば、開発した商品を友人・家族に自慢できますよね。それをモチベーションにする人も多くいます。残念ながら、BtoBである香料メーカーの場合、そうはいきません。どの製品に自社製品が使われているのかなどと言うことは厳禁です。

「うちの香料ってコカ・コーラのアクエリアスに使われてるんだー」

なんて言うことはできません。業界的に御法度とされています。その理由の一つは、香料を売っている相手への守秘義務です。もう一つは、同業他社への情報漏洩の防止です。

BtoCと比べると悲しい気もしますが、承認欲求は別で満たしましょう。

とにかくニオイが強い

研究開発施設や製造現場などのそこら中で何かの香りがしています。
ニオイの強いものを扱うため、身体にニオイが付きます。企業としても個人としても対策はされていますが、どうしてもニオイがついてしまうことはあります。いろいろなニオイに触れられるのは、香料業界特有の楽しさのひとつです。しかし、残念ながら良いニオイばかりではありません。もちろんゴミやヘドロのような香りを嗅ぐことはありませんよ。香りに興味があれば、短所には感じないと思います。

まとめ

トータルするとオススメできる業界です。香料業界に興味がある方はお気軽にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました