【徹底比較】クラフトボス対抗勢力6社を飲み比べてみた。【官能評価編】

グルメ情報

序論

2017年、コーヒー市場に大きな変革が起きました。「クラフトボス」の登場です。サントリーから発売された本商品は、今までのRTDコーヒーの概念を大きく変えました。

缶コーヒーやペットボトルコーヒーとは、グビッと飲めて飲みごたえのあるものだと認識されていました。

一方、クラフトボスは、そんな今までのコーヒーとは対極にある存在です。今までのRTDコーヒーとは比べものにならないくらいさっぱりしています。発売前には、開発者の上司も懐疑的だったとか。本当にこんなものが売れるのか?

しかし、味・デザイン・マーケティングが功を奏し、爆発的なヒットを生み出しました。現代のワークスタイルにうまくマッチした商品です。

ここで黙っていないのが、競合他社です。サントリーの革命に追随すべく、各社さまざまな類似品を発売しました。いかにクラフトボスに打ち勝つか、各社の特色が出ています。

 

今回はカフェオレに絞って、各社が2018年に発売したペットボトルコーヒーを飲み比べました。完全にブラインドで公平にジャッジしました!

 

こんな感じ↓

実験と方法

エントリー商品はこちら!

  • クラフトボス|サントリー
  • ジャパンクラフトマン|コカ・コーラ
  • ワンダ TEA COFFEE カフェラテ*焙じ茶 |アサヒ飲料
  • Smooth taste LATTE |TULLY’S COFFEE
  • ブレンディ®タグゴー|AGF
  • BEANS & ROASTERS マイルドラテ |UCC
官能評価には、サントリーのホームページを参考に6つの評価項目を用意しました。
好みは、評価者がブラインドで美味しいと思った順にランキングをつけて、ポイントをつけました。
  • コク
  • ミルク感
  • 苦味
  • キレ
  • 香り(コーヒーの香りとしました)
  • 甘味
  • 好み ←original

 

評価者は2名です。かなり小規模です笑

評価者:コーヒー好き2名

 

パネリスト2名はコーヒーが大好きです。2名ともドリップコーヒーやカフェでのコーヒーを好んで飲みますが、市販のコーヒーはあまり飲みません。懸念材料ではありますが「実際のコーヒーと比べてどうか」という視点でコーヒーを評価できると思います。

 

 

食後にコーヒーをドリップする時間が大好き。

カフェインを取らないと体が震えるの。

 

それでは、レッツゴー!

結果と考察

各サンプルの特徴は下記のとおりです。商品紹介や飲んだ感想は別記事に掲載しました。詳細はこちらをご参照ください。

 

商品名 特徴
クラフトボス パイオニア
ジャパンクラフトマン 水出しコーヒー
ワンダ TEA COFFEE カフェラテ*焙じ茶 カフェラテ×ほうじ茶
Smooth taste LATTE 無糖、無香料
ブレンディ®タグゴー 厳選された原材料
BEANS & ROASTERS マイルドラテ カフェインレス

 

どれがどの商品か分からないようにして飲み比べを行いました。そして、それぞれの評価結果をレーダーチャートにまとめました。我々2名の好みのランキングを付けました。

 

まずは、各商品のレーダーチャートによる評価結果をご紹介します。最後に、評価者の好みの順位を発表します。

 

それでは、レーダーチャートからどうぞ!

クラフトボス|サントリー

完全なバランス型ですね。パイオニアとして、王者として、主人公としての安定感が漂っています。

 

ちなみに、サントリーさんのホームページ上では、キレがもう少し立っているようですが、おおよそのバランスは一致しています。サントリーさんの評価とは、近からずとも遠からずという結果になりました!そういう意味では、そこそこ優秀なパネリストということでしょう。

 

ジャパンクラフトマン|コカ・コーラ

苦味・香り・コクで高得点です!コーヒーとしてはかなり良い評価なのではないでしょうか!?これは、嗜好性も高い結果が得られそうな予感です。

 

ワンダ TEA COFFEE カフェラテ*焙じ茶 |アサヒ飲料

香りが控えめな結果となりました。今回の香りという項目は、❝コーヒーの香り❞と定義づけているので、ほうじ茶の香りが邪魔をして、コーヒーの香りが伸び悩んだのかもしれません。この結果を見ると、ミルク感や甘味の強いコーヒーということになりますね。

 

スポンサーリンク

Smooth taste LATTE |TULLY’S COFFEE

無糖の結果が大きく反映されています。無糖なことに引っ張られて、ミルク感もポイントが低めです。しかし、コーヒーとしての香り、苦味、キレが高得点です。無糖コーヒーとしてのポイントを押さえた商品という印象を受けますね。

 

ブレンディ®タグゴー|AGF

苦味・コク・香りで高得点です。バランス良く点数を稼いでいます。カフェオレながらも、コーヒーとしての良さを際立たせた商品という印象です。

 

BEANS & ROASTERS マイルドラテ |UCC

ミルク感マックスです。キレもそんなに点数が伸びていないことから、甘ったるい商品だという印象です。いわゆる缶コーヒーと似たような傾向にあるように見えます。マニアには堪らない風味を持ち合わせていそうです。

 

 

 

以上が、官能評価のレーダーチャートでした。なるべく客観的な指標になるように頑張りました。それぞれがどういう特徴を持つ商品なのかを感じていただければと思います。

 

最後に、我々のゴリゴリの主観的な好みを発表します!

同じくブラインドで評価し、好きな順に順位付けして集計しました。

スポンサーリンク

好みのランキング

それでは結果発表です!!

1位 ブレンディ®タグゴー

2位 ジャパンクラフトマン

3位 ワンダ TEA COFFEE カフェラテ*焙じ茶

4位 Smooth taste LATTE

5位 BEANS & ROASTERS マイルドラテ

6位 クラフトボス

 

えぇ~~~!!?

 

クラフトボス、なんと最下位です・・・。

私、クラフトボス好きだと思っていたのですが・・・。クラフトボスに申し訳ありません。

 

初代王者に輝いたブレンディ®タグゴーは、非常にバランスのとれた飲料でした。ブラインドで飲んでも、知ってから飲んでも評価にブレがありません。納得の1位です。後発ながらも、ここまで商品の完成度を高めたAGFには脱帽です。

 

2位はジャパンクラフトマン。水出しコーヒーの自然な味わいがよく表現されていました。完成度は高いのですが、インパクトに欠ける印象です。あと一歩及ばなかったのは、そのせいかもしれませんね。

 

3位はワンダ TEA COFFEE カフェラテ*焙じ茶。土俵外しを見事にやってのけたことが評価につながりました。コンセプトを微妙にずらしながらも、コーヒーとしての美味しさは維持できています。コアなファンが付きそうな予感です。

 

4位はSmooth taste LATTE。正直、同じ土壌で戦うには不利だったと思います。それだけ無糖・無香料とは、RTDコーヒーにとって大きなチャレンジです。それでも、商品としてはうまくまとまっています。無糖のカフェオレ好きには愛される商品になることでしょう。

 

5位はBEANS & ROASTERS マイルドラテ。筆者としては、デカフェと脱脂粉乳感のアンバランスさが気になりました。コーヒーのノウハウは十分に備えているので、今後に期待です。

 

そして最下位は、なんとクラフトボス。ブラインドで飲んでいると、コーヒー臭が気になってしまいました。パイオニアとしては、後発の商品に弱点を突かれたような結果になってしまいました。

クラフトボスもプラカップで味わいながら飲まれるとは思っていなかったでしょう。ペットボトル越しに飲むと美味しいので、評価形態を変えれば違う結果を得られたかもしれません。リニューアルに期待です!

 

 

 

振り返ってみると、ドリップコーヒー好きが評価した影響が如実に現れています。カフェのコーヒーは好きだけど、ペットボトルコーヒーはちょっと・・・という方は、我々の結果を是非参考にしてみてください!

 

さいごに

ランキングについては、あくまでドリップコーヒー好き2名の極めて主観的な評価です。ご気分を害された方には申し訳ありません。一種のエンターテイメントとして楽しんでいただけたのならば幸いです。

ちなみに、今回登場したレーダーチャート。筆者はレーダーチャートに強い憧れを抱いていました笑”カッコいいですよね!そんなレーダーチャートを使用する機会をくださったコーヒーたちに感謝。

今後ともコーヒー業界に幸あれ!

 

商品紹介や飲んだ感想も別記事に掲載しています。よろしければご参照ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました